社会とともに

CSR

復興支援の取り組み

「熊本地震」における対応

コロワイドでは、グループ一丸となり熊本地震の発生直後、被災地へ多数の有志社員を派遣し、現地の避難施設28カ所にて、温かい食事の炊き出しを行い、被災被害の大きい地域へ義援金を直接お届けいたしました。
被災地の1日も早い復興を、コロワイドグループ社員一同、心からお祈り申し上げます。

「東日本大震災」における対応

東日本大震災により亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災にあわれた皆様とご家族の方々に対して、心よりお見舞い申し上げます。
詳細はこちら

環境の取り組み

節電危機管理対策

店舗の客席照明をLEDへ変更するなど、節電対策を実施しています。また、神奈川CKには自家発電機を設置し、停電時でも稼動できる体制を整備しています。新設した滋賀長浜CK、静岡工場の冷凍庫には、自然冷媒を使用した冷凍機を導入し、自然環境にも配慮した経営を行っております。

環境への配慮

新設した長浜セントラルキッチン、静岡工場の冷蔵設備では、フロンガスに代え自然冷媒〈NH2/CO2〉を使用しております。これにより消費電力とCO2を削減し、環境負荷を減らしております。また、神奈川・長浜セントラルキッチンでは生ゴミ処理機を設置し、野菜の残渣などを堆肥化しリサイクルを行っております。

安心・安全の取り組み

衛生管理体制

厳格な管理基準を設けて食材への検査を実施するとともに、店舗へは第三者による外部検査も導入し、衛生管理状況を定期的に確認しています。こうしたリスクの徹底排除により、外食業界でも高水準の衛生管理体制を構築しています。

食材規格書データベース「TASTY QUBE」

お取引先様のご協力を得ながら、全ての加工食品の商品情報を細かくデータベース化しています。これにより、産地や加工地などの情報を「迅速・正確」に検索することが可能となり、より安全・安心な食の管理体制の構築を進めてまいります。

検査機能の強化

食の安全性を最大限に考え、「食品放射能測定システム」を神奈川・北海道・長浜セントラルキッチンに、「金属探知異物検出器」を神奈川・北海道・長浜セントラルキッチン、静岡・名古屋・富士・滋賀・上尾・尼崎工場に導入しております。更に、神奈川・北海道・長浜セントラルキッチン、静岡工場には「X線異物検出器」も導入し、検査機能を強化しております。

野菜工場(無農薬野菜の研究と供給)

神奈川セントラルキッチン内で、LEDを光源とした野菜の室内型水耕栽培を行っています。温度・湿度・CO2濃度などを制御した環境の中で、無農薬栽培の野菜をグループ店舗へ供給しています。

国産牛肉個体検査(トレーサビリティ)

「牛肉トレーサビリティ法」に基づき国産牛個体識別番号をご案内しています。食牛の飼育履歴をインターネットで確認できるので、お客様に安心して牛肉をお召し上がりいただけるようになりました。

牛肉トレーサビリティに対するコロワイドグループの取り組みについて
お客様に安心・安全でおいしい国産牛肉を提供するために

平成16年12月1日に施行された、『牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別設置法』(通称『牛肉トレーサビリティ法』)に伴い、コロワイドグループでは、国産牛肉の個体識別番号を各店舗でお客様にご案内しております。

下記のホームページにアクセスし、店頭でご案内している番号を入力すると、牛の品種や産地、飼育までの過程がご確認いただけます。